PMC

ケース説明

10歳の白人女性は、両側赤目、ぼやけたビジョンと数ヶ月持続光恐怖症を提示する私たち 彼女は、局所コルチコステロイドおよび抗生物質のいくつかのコースにかかわらず、症状の進行性の悪化に気づいた。

患者は、関連する過去の全身または眼の病歴を有しておらず、全身性エリテマトーデス(祖母)の家族歴を有していた。 全身の臨床検査はボディ太りすぎ(22のボディ固まりの索引、90パーセンタイルで)および顔のアクネを示したが、それ以外の場合は目立たなかった。

眼検査では、右眼で20/30、左眼で20/40の最高視力が明らかになった。

眼圧(IOP)は、左右の眼で18mmHgであった。 右眼の細隙灯検査では、軽度の前眼瞼炎、結膜注射、結膜phlyctenaeおよび末梢側頭角膜浸潤が認められ、上に血管新生が認められた(図1(Fig. 1)). 左眼は軽度の前眼瞼炎,側頭周囲および中心周囲の角膜浸潤および血管新生を示した。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はOCです-04-02-g-001jpg
プレゼンテーション時のスリットランプ写真は、右眼結膜充血および球果phlyctenaeにおいて、角膜血管新生を伴う末梢側頭角膜の浸潤を明らかにする。 ブドウ球菌性眼瞼炎に伴うPKCの一次診断を想定し,病因学的調査を行った。 便寄生虫検査で腸ジアルジア陽性であった。 ツベルクリン皮膚検査および胸部x線写真を含む他のすべての検査は正常であった。 皮膚科学的検査は尋常性ざ瘡以外の他の皮膚疾患を除外した。 リウマチ学的評価では,リウマチ因子,抗核抗体,二重鎖DNA抗体,細胞質成分に対する抗体および抗りん脂質抗体について,目立たない臨床検査および正常値範囲を明らかにした。

患者は、酢酸プレドニゾロンq6hおよびプレドニゾロン軟膏の局所投与を開始した。 さらに、眼瞼炎の治療(眼瞼衛生、温湿布および経口ドキシクリン200mg/日、続いて100mg/日)、ならびにメトロニダゾール250mg t.i.dによる抗寄生虫療法が処方された。

患者は局所コルチコステロイドによる初期治療に良好に反応したが、この治療を先細にすると角膜phlyctenaeの再活性化および血管新生の悪化をもたらした。

コルチコステロイドを先細りするいくつかの失敗した試みを考慮して、局所1%CsA-ヒマシ油q.i.dが治療に追加されたが、この追加の措置はコルチコステロイドの中止を可能にしなかった。

再燃がより頻繁かつ重度になるにつれて、局所コルチコステロイド(結膜下デキサメタゾンおよびメチルプレドニゾロン)および経口プレドニゾロン(60mg/日)が処方されたが、全身薬を漸減しようとする試みはすべて再燃した。 経口メトトレキサート7.5mg毎週葉酸1mg/日は、経口コルチコステロイドを減少させる目的で一年間処方された20であったが、フレアアップは持続した。

集中治療にもかかわらず、血管新生および末梢角膜薄化を伴う結膜および角膜phlyctenaeは持続し、左右の眼では時折前房反応が持続した。 いくつかのエピソードでは,血管新生は求心的に進行し,視軸に達し,視損失をもたらし,これは新血管の退行とともに部分的に改善したが,しばしば視力の永久的な減少を伴う中心周囲角膜混濁を残した。

上記のすべての治療法を使い果たし、我々は最終的にはより型破りではあるが最終的には視力を節約する治療法に頼ることに決め、メトトレキセート 患者はこの組み合わせに正常に反応し、phlyctenaeと血管新生の解消と三ヶ月で無症候性になった。

すべてのコルチコステロイド治療を中断してから十一ヶ月後、患者は無症候性のままであり、phlyctenaeおよび血管新生が完全に解消される(図2(Fig. 2)). この期間にはフレアアップは認められず、視力は安定したままであった(20/25BE)。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はOCです-04-02-g-002jpg
右眼の細隙灯写真、インフリキシマブとメトトレキサートの治療併用後11ヶ月。 側頭周辺角膜および中心周囲角膜の結節は、浸潤および血管新生の解像度で顕著である。

インフリキシマブの可能性のある副作用のための最適なフォローアップを達成する手段として、患者は現在、眼科およびリウマチ学の部門で多

コメントする