arXivに寄付

タイトル:外部濃縮ミニハロで形成された最初の人口II星

著者:Britton Smith、John Wise、Brian O’Shea、Michael Norman、Sadegh Khochfar

Pdfをダウンロード

要約:宇宙論的な初期条件から始まり、最初の超新星で作られた金属が崩壊するガス雲に組み込まれたときに終わる、最も初期の集団Ii星の形成のシミュレー これは、超新星爆発波が近くのミニハローと衝突した後に起こり、ハローの中心にある密なガスに金属を効率的に混合するさらなる乱れを誘発する。 最初に崩壊するガスは、Z-2e-5Zsunの金属量に富化されています。 金属量が非常に低いため、崩壊は高密度で塵の冷却が効率的になるまで金属を含まないガスに同様に進行し、雲は多数の低質量物体に断片化する。 この外部濃縮機構は、SMSS J031300.36-670839のように、観測された最も金属不足の星にもっともらしい起源を提供する。3つ目は、単一の超新星によって濃縮されたガスから形成されたように見えることである。 このメカニズムは、低質量ミニハロー(M<5e5Msun)が超新星を経験した後にガスを回収する時間よりも短いタイムスケールで動作する。 このように、金属が豊富な恒星は、条件が正しければこのチャネルを介して最初に形成される可能性が高い。 このようにして星を形成する可能性のある他のいくつかの外部的に濃縮されたハローを特定します。 これらのハローは0と高い金属性を持っています。01Zsunは、金属を豊富にした星の第一世代の一部のメンバーが現在の恒星の調査では明白な視界に隠れている可能性があることを示唆しています。

コメントする