無料アリゾナQuitclaim証書

アリゾナ州(AZ)quitclaim証書は、タイトルが明確で問題がないことを保証することなく、ある所有者から別の所有者に財産を譲渡するために使用される証書です。 これは、誰かがタイトルに配偶者を追加したり、家族の間でプロパティを転送しているときなど、両方の当事者が知っているし、お互いを信頼するプロ

ときには、quitclaim証書は、”quick claim証書”、”quit claim証書”、”quit claim証書”などの間違った名前で呼び出されます。”

アリゾナquitclaim行為は、タイトルが研究されており、問題がないと述べている保証行為とは異なります。

重要な法律&要件

  • 法律:§33-402
  • 署名:§33-401ごとに、権限付与者の署名は公証人によって目撃されなければなりません。
  • レコーディング:アリゾナ州のQuitclaim行為は、郡レコーダーのオフィスに提出されています。 フォームと一緒に、必要なすべての手数料を支払う必要があります。 不動産所有者は、プロパティが配置されている郡でファイルする必要があります。 フォームは、公証の60日で記録する必要があります。

アリゾナ州でQuitclaim証書を書いて提出する方法

ステップ1:適切な文書を見つけてコンピュータにダウンロードします。

ステップ2:文書を準備する人の名前と住所を追加します。 これは左上隅にあります。

ステップ3:レコーダーのオフィスが完了したときに証書を受け取る人の名前と住所を追加します。 これは通常、購入者であり、権限付与対象者とも呼ばれます。 この情報は、”記録後に戻る”の下に入ります。”

ステップ4: “アリゾナ州”という言葉の後に、プロパティがある郡に入ります。

ステップ5:被付与者が財産に対して支払っている金額を追加します。 単語を書いてから、ドル記号の後に数値的に金額を追加します。 これは考慮スペースに入ります。ステップ6:”手に支払われた”後、権限付与者(売り手)の名前と次の空白に”権限付与者”という言葉を書きます。 権限付与者のアドレスを追加します。ステップ7:「譲渡して終了する」の後に、権限付与者の法的名前を書き、その後に「権限付与者」という用語を書きます。”郡を含む被付与者の住所を追加します。

ステップ8:”不動産、に位置し、”プロパティがある郡を書きます。 これに続いて、タイトルに記載されている住所を含むプロパティの法的説明を書いてください。

ステップ9:権限付与者は、署名のために指定された領域でサインオンする必要があり、公証人は文書を公証する必要があります。

ステップ10:プロパティがある郡のArizona County Recorder’S Officeに文書を提出します。 提出のための適切な手数料を学ぶために郡事務官のオフィスに確認してください。

コメントする