思春期特発性脊柱側弯症の妊娠患者における産科合併症および局所麻酔利用に対する曲線重症度の影響: 予備分析

ディスカッション

要約すると、既存のAISを有する妊娠中の患者のこのレトロスペクティブ研究は、分娩転帰に対する脊柱側弯症の効果、ならびに背骨の曲率の変化に対する妊娠の影響を調査した。 妊娠中のais患者において,脊柱側弯症の重症度が分娩合併症または局所麻酔薬の意思決定に及ぼす影響はなかったことを示唆した。 早産の発生率は全国平均よりわずかに高いが、脊柱側弯症の重症度とは関連していなかった。 全体として、帝王切開率は全国平均と同様であった。 脊髄麻酔が試みられた1人の患者だけでは、この手順は成功しなかった。 さらに、脊柱側弯症は、妊娠中または妊娠直後に有意に進行することは観察されなかった。

私たちの研究における早産の発生率は21.4%であり、これは全国の早産率(研究期間中に9.6%-10.4%)よりも高い;9しかし、早産は脊柱側弯症の重症度と関連していなかった。 早産率の増加は、ヴァンダービルトのような専門の三次ケア施設でケアを求めている高リスク妊娠患者の数が多いためである可能性があります。 労働誘発率は人口の23.8%であり、これは全国平均(20.9%-23.8%)と同様である。16また、脊柱側弯症の重症度とは関連しておらず、より重度の脊柱側弯症を有する患者は誘導を必要とする可能性が高くないことを示唆している。 我々の結果はLebelらによって支持されている。、whoは、未経産、不妊治療、および母親の年齢を考慮した後、労働誘導は脊柱側弯症と関連していないことを発見した。12私たちのコホートは34.5%の全体的な帝王切開率を持っていた、これは全国平均(26.1%-32.9%)に似ています。17緊急/緊急帝王切開の発生率は14%であった。 脊椎の解剖学的構造の変化が胎児降下の停止を引き起こす可能性があるため、重度の脊柱側弯症患者ではこの合併症の可能性が高いと予想した。 興味深いことに、曲率の程度と緊急/緊急帝王切開との間には関連性はなかった。 以前の研究では、計画外の帝王切開を具体的に検討していないが、いくつかの研究では、年齢適合対照と比較してAIS患者で帝王切開の全体的な率が増5,7全体として、私たちの研究では、脊柱側弯症の重症度は、早産、誘導の必要性、または緊急/緊急帝王切開のリスクを増加させなかったことが判明しました。 この分野では、特にこの集団における計画外の帝王切開の発生率に関してさらなる研究が必要である。

配信のための麻酔の意思決定は、AIS文献の不確実性の別の領域です。 脊椎の湾曲が硬膜外配置のための解剖学的ランドマークを見つけることが困難になる可能性があるため、重度の脊柱側弯症の患者では、麻酔科医の中には、脊髄麻酔を投与することに消極的である可能性がある。 以前に脊髄手術を受けた患者はさらに大きな課題を示しています;研究は、これらの患者は、以前の脊髄手術を受けていない患者よりも、配置の失敗率1,6さらに、脊髄手術による硬膜外腔の瘢痕化は、硬膜外麻酔の有効性を低下させる可能性がある。18私たちの研究では、医師が脊髄麻酔を試みることを拒否したのは3例のみであり、そのうち2例は以前に脊髄融合を受けた同じ患者のものであった。 わずか1人の患者では、硬膜外の試みられた配置が失敗した。 この結果を伴う症例数が少ないため、麻酔の意思決定が曲率の程度または以前の脊髄手術によって影響されるとは思われないが、決定的な結論を導 これらの結果は、Betzらの結果と類似している。、whoは脊柱側弯症による脊髄麻酔の配置の失敗が特発性脊柱側弯症の患者の2の159配達でだけ観察されたことを報告しました。他の2つの研究では反対の結果が報告されている;例えば、Falick-Michaeli et al. AISのための前の背骨の融合を経た患者の70%が背骨の麻酔を拒絶されたことが分りました。8しかし、この研究はサンプルサイズ(n=17)によって制限されており、標準的な麻酔慣行および専門家の経験が米国の機関とは異なる可能性があるイ 私たちの研究における麻酔科医の拒否率が低いことは、大規模な学術機関の提供者の技術的専門知識と快適さのレベルを反映している可能性があ 今後の研究では、複数のセンターでより大きな集団を調べることを検討するかもしれません。関心のある最終的な結果は、脊柱側弯症曲線の変化に対する妊娠の影響であった。

この研究は、産後の放射線撮影を受けた11人の患者のコブ角度の全体的な有意な変化を示していませんでした。 BlountとMellencampは、妊娠前に曲線が安定していた(すなわち、治療終了後の重症度の増加がない)患者において同様の進行の欠如を発見したため、これは、これらの患者3しかし、観測可能な曲線の変化の欠如は、サンプルサイズが小さいためである可能性もあります。 以前の研究では、以前の脊髄融合の有無にかかわらず、妊娠後の脊柱側弯症曲線の増加がある可能性があることが示されています;5,7,15しかし、これらの増加は非常にまれに≥10°であり、私たちの調査結果と一致しています。 さらに、Betz e t a l. AIS患者の中には妊娠後にカーブの重症度が増加していたが、その変化は妊娠したことのない患者の脊柱側弯症の自然な進行に似ていたことが分かった。2このように、現在のところ、以前の研究および私たちの研究からの証拠は、妊娠が脊柱側弯症曲線に有害な影響を及ぼさないことを示唆している。

この研究の結果は、いくつかの制限があるため、注意して解釈する必要があります。 第一に、すべてのレトロスペクティブ研究と同様に、特に11人の患者でのみ行われた産後のレントゲン写真では、成人期に日常的な脊柱側弯症のレントゲン写真を取得することは、安定した曲線を持つ患者のための当施設でのケアの標準ではないという事実のために、不完全なデータの固有のリスクがあります。 このように、臨床的に進行性または重度の曲線を有する患者のみが、選択バイアスの可能性につながる、放射線追跡を受けているであろう。 さらに、産後のx線写真を持つ患者の少数は妊娠の後のCobbの角度の統計的に有意な変更の欠乏の原因となる私達のカーブの変更の分析の力を下 これらの制限にもかかわらず、私たちの研究は重要な予備データを提供し、おそらく複数のセンターを含むこの分野における将来の将来の研究の段階を そのような調査の調査結果は受胎の計画の間にそして妊娠の間中患者に助言するので脊柱の外科医およびobstetric提供者にとって非常に貴重である。

コメントする